Teachers Marketの家庭教師が勉強のノウハウを発信

マンガを読んで成績が上がる、夢のような勉強法とは!?

マンガを読んで成績が上がるなんてウソくさい…

タイトルを目にした時、きっとあなたは「ウソや!」と思ったことでしょう。
でも、実はこれ、本当なんです。そしてなんと、あの「ビリギャル」で有名となった、
小林さやかさんも活用してた勉強法なんですね。実は彼女、もともと偏差値は30ほどだったのです。

そこから、慶應義塾大学への入学を果たすという、サクセスストーリーを実現したわけです。
なんだか信じられないお話ですね…。しかし、紛れもなく実話ですし、
彼女が慶応義塾大学に合格することができた大きな要因の1つにマンガ勉強法があるのです。
ビリギャルの講師を務めた坪田先生も「コマの外にある細かい情報などもしっかり読み込めば、
これだけで難関大の入試に対応できるレベルで情報が整理されている。」と、おっしゃっています。

マンガ勉強法、いよいよ気になってきましたか?
それでは、マンガ勉強法がどうして成績UPに有効なのか紹介していきます。

そもそもマンガ勉強法の効果って?

マンガ勉強法で効果が出やすいのは社会(歴史)や古典といった、
「流れ」や「イメージ」といった全体像をつかむことが大切な教科です。
簡単に言うと、全体の流れやイメージを掴むために効果的なのが、マンガという訳ですね。

皆さんは教科書を読んだことがあると思いますが、
活字が並んでいるとどうしてもイメージするのが難しくはありませんか?
さらに、年号や人名をただただ単純に暗記しようとしても記憶に残りにくく、覚えることは難しいのです。

マンガでの学習は、情報としてイラスト、キャラ、表情などがあります。
これらはどのような効果があるのでしょうか。

・イラスト:右脳への刺激(絵や文字をイメージでとらえる)
・キャラ:感情移入できる
・表情:表情や目線

から情報を得ていると意識することで、
視覚も使った効率的な勉強と脳の活性化までも同時進行で行うことができるのです!
マンガだと史実と異なっていたり、抜け落ちている情報があるんじゃないの?思われる方も多いと思います。
でも大丈夫です。

TeachersMarketの先生でも、この勉強法を実践していた先生がいます。

「古文は『まろ、ん?』や『あさきゆめみし』を読んで、漢文は『三国志』や『キングダム』などを読むことで、古漢文独特のノリやお決まりのパターンを理解しようとしたのが大きかったと思います。 古漢文では現代の常識と当時の常識が異なり、当時の「ありがちな」話は現代では全くありえない話だったりします。なのでそういう軽い読み物を通してそのノリを掴むことは必ず役に立つと思います。」

M・S先生 関西学院大学商学部

マンガ勉強法で意識するべきポイントについて触れていますね。
古典は古典ならではの「ノリ」(怨霊や男女関係などなど)をつかむことを目的とすればいいのです。
社会の歴史も同じく、内容を網羅するというよりはあくまで抽象的に、
要所要所をとらえるというスタンスでいいのです。細かい部分は授業で習います。演習で理解できます。

マンガ勉強法のミソは、授業や演習につながる予習になるというところなんですね。
やはり、授業や問題演習は成績UPには不可欠なようです。

おすすめ学習マンガ

マンガ勉強法について興味を持ってくれた人のために、おすすめのマンガを幾つか載せておきます。

国語

まろ、ん?<源氏物語>
スクリーンショット 2016-08-04 18.34.58

一冊読んでいれば「源氏物語」は完璧に語れる!というレベルで内容をしっかりつかむことができます。マンガですが、服装の細かいところまで忠実に再現されています。人物系図や官位表も要所で記載されていて本当に読みやすいです。この本で、さらに源氏物語の魅力に気づくことができるかもしれません。

・月に吠えらんねえ<詩歌俳句の名作>
・よちよち文藝部<日本文学の名作>
・えへん、龍之介。<芥川龍之介>
・『坊っちゃん』の時代<明治の作家>
・あさきゆめみし<源氏物語>

社会:日本史

日本の歴史<日本の歴史について>

ビリギャルが実際に使用していたシリーズ!!
イラストも綺麗になって、読みやすそう。
このシリーズを何度も読めば、あなたも歴史王

・天上の虹<日本史>
・信長協奏曲<戦国時代>
・大奥<江戸時代>

社会:世界史

キングダム<中国:春秋戦国時代〜秦>

絵柄のクセが強く、読まず嫌いで読んだことのない人も多いのではないでしょうか。
1巻毎の質が濃く、中だるみもしません。中国史に興味のない人でもハマること間違いなし。

ベルサイユのばら<フランス革命>

登場人物全てが史実通りではないのですが、フィクションの登場人物も史実に忠実に絡められています。世界史に興味を持つよいきっかけになること間違いなしなので、是非読むことをおすすめします。

・世界の歴史<ビリギャル使用の世界史版>
・史記<中国史>
・墨攻<中国:春秋戦国時代>
・三国志<中国:三国時代>
・テルマエロマエ<古代ローマ>
以上がおすすめのマンガです。<>内は時代や描かれているテーマ

まとめ

マンガ勉強法、いかがだったでしょうか。
教科書を読んだり、問題を解いたりするのは単純で退屈で、どこかとっつきにくいですよね。
マンガを読んで、時代ごとの背景や、大きな出来事のおこった経緯やあらすじを
頭に入れておくことはとっても重要なんですね。

マンガ勉強法は、視覚的にも情報を頭に入れているという意識をすることで、
脳の活性化にまで効果があるということもわかりました。
一石二鳥なマンガ勉強法、息抜きにでも是非取り入れてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です