Teachers Marketの家庭教師が勉強のノウハウを発信

受験生が試験前に絶対やってはいけないダイエット法!その3つの理由とは?

この数年で話題になった糖質制限ダイエット。
中高生でも実践されている方が多いのではないでしょうか。

炭水化物やお菓子など糖質を多く含んだ食べ物の摂取を制限するこのダイエット法ですが、
試験期間や受験期にはあまりオススメできません。

この記事では、その3つの理由を紹介しようと思います。

頭が回らない

515173ce86c6f1487b5f57bb4321efdd_s

糖質制限ダイエットをしていると、頭が回らなくなるのです。
これは、糖質制限によって脳が栄養不足になるからです。
脳を働かせる主な栄養素はブドウ糖です。そのブドウ糖は、糖質からつくられます。
つまり、糖質制限中は常に脳の栄養が不足しているということです。
脳の栄養が不足すると、

・記憶力や集中力の低下
・意欲の低下
・うつ病や不眠症
・疲れが取れにくい

などの影響が出るそうです。1日の消費カロリーを2000Kcalとすると、
普通に生活しているだけで、脳は400 Kcalを消費すると言われています。
普段より長く勉強をする試験期間などには、脳はより多くの栄養を必要とします。
脳の栄養が不足しがちな糖質制限ダイエットは、試験期間や受験期にはオススメできません

ストレスが溜まる

7049d21f365f6c1656d5509bc1f7c0d6_s

余計なストレスは、勉強中には大敵です。
試験期間や受験期は、勉強での悩み事などストレスを多く抱えがちです。
できるだけ余計なストレスは避けたいものです。
糖質制限ダイエットでは、糖質を多く含んだお菓子やスイーツを制限します。

しかし、勉強に専念する時には、適量のお菓子やスイーツも必要です。
勉強を続けていると甘いものが欲しくなるという経験は多くの人があると思います。
それは、体が甘いもの(=糖質)を必要としているからです。
糖質制限によって、精神的にも身体的にもストレスをかけてしまう恐れがあります。

口臭・体臭が臭くなる!?

af7f4ca643311efb03065dbbc4dc7ef9_s

糖質制限ダイエットを行っていると、口臭や体臭が臭くなることがあります。
これはダイエット臭、またはケトン臭と呼ばれます。
糖質が不足すると、脳が脂肪を使ってエネルギー源にしようとします。
その時に分解された脂肪酸や発生した乳酸、ケトン体が臭いの原因となります。
勉強でより多くの糖質を必要とする試験期間や受験期は、ケトン臭のする可能性が高いと言えます。
また、臭いには3つの段階あるようです。

第1段階は、汗臭さをきつくした体臭
第2段階は、アンモニア臭
第3段階は、甘酸っぱい不快な体臭

へと変化していきます。学校生活を送る上では、口臭・体臭も気になるところではないでしょうか。

まとめ

糖質制限ダイエットは食べる量を減らさず、しかも運動をしなくてよいという点で人気があります。
しかし、制限する糖質が勉強中の脳に不可欠であり、
試験期間や受験期に勉強効率が非常に悪くなる可能性があります。
それだけでなく、精神的なストレスや口臭・体臭のトラブルを引き起こす恐れもあります。

勉強も大事ですが、日常生活を充実させることももちろん大切です。
だからといって勉強に悪影響を与えるダイエット法は禁物!

そのため、試験や受験を控える学生の方には、ウォーキングやランニングなど適度な運動を行い、
勉強のストレスもリフレッシュできるダイエットの方がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください