Teachers Marketの家庭教師が勉強のノウハウを発信

赤・青・黄色!?ポケモンみたいな参考書、数学チャート式問題集に迫る!!

数学受験対策の王道〜チャート式問題集〜

今回は数学チャート式問題集のお話です。
え、全然わからない。チャート式問題集って何??という方のために紹介しましょう。
有名なマンガ「ドラゴン桜」でも紹介されたことがある、数学受験対策の王道参考書です。
この参考書、実は色のよってレベル分けされているのです。

数学が足を引っ張っていては受験勉強の大きな障害になりかねませんよね。
TeachersMarketの先生は受験期に数学チャート式問題集を使っていた人が多いようです。
体験談のピックアップと共に、チャートの選び方や使い方について掘り下げていきます。

TeachersMarketの家庭教師が語る!!

数学の勉強では、定番の問題しっかりとおさえましたね。青チャートの問題をひたすら解きこみました。どの分野のどの部分がわからないのかわかるまで、しっかり問題の見直しを行ったんです。苦手な分野ほど、毎日逃げずに向き合うことで、次第にできるようになるはずです!

京都大学 経済学部 経済経営学科 H・S先生

look

高校生の数学力をつけるには、チャート問題集がベストです。基本問題から入試問題まで幅広く載っていて、かつ、解説まで丁寧な問題集だからです。数学は基礎力を計算問題で毎日取り組み、基礎学力の向上、少し時間のかかる問題に1問でも毎日触れ合うことにより学力を向上しましょう!

A・ M先生

あなたは何色を選ぶ??

それでは、まず、各色別のチャートの特徴についてみてみましょう。

白チャート(教科書の例〜センターの簡単な問題レベル)

81kZKcRd6ZL

チャートシリーズで最も易しいレベルの一冊。
解説が詳しく、数学があまり得意ではない人向けとなっています。
白チャートでは、最も難しい問題がセンター試験レベルとなっています。
特徴としては、やはり解説が詳しいのが1番の特徴でしょう。
数学が苦手で、基礎をしっかり固めたい人にオススメです。

黄チャート(教科書の例題〜簡単な入試問題レベル)

81hrS6B2ptL

白チャートよりも少し難易度が高い1冊。
日頃の授業から、入試の基礎問題へといい橋渡しの役割を果たしてくれます。
得意とまではいかないけど、数学で点を落としたくない人にオススメです。

では、黄色チャートの使い方を簡単にまとめていきます。
まずは、解法のパターンを理解し暗記しましょう
数学の解を丸暗記するだけでは、数学はできるようになりません。
大切なことは根底にある考え方や解法を覚えることです。
そうすることで1問覚えれば、類題を何問も解けるようになります。

次に例題を繰り返し解くことです。
チャート式問題集には、1000問以上の問題が含まれています。
演習、練習問題を解くことももちろん大切なのですが、それらは例題の類題です。
解法パターンに絞り、時間短縮のために例題だけをやるのがお勧めです。
しかし、本当にそれだけでいいのか疑問に思う人もいると思います。
大切なことは例題を何周もしてインプットするということです。
もちろん1回例題を一通りやったところで、力はつきませんから注意してください。

青チャート(教科書の標準問題〜難関入試問題レベル)

81ioLw0PYmL

基礎問題から難関大入試レベルの発展問題をバランスよく記載されています。
解説が非常に丁寧で、網羅的に問題が掲載されています。
そのため、解法を確認する辞書として使う受験生もいるそうです。
数学を武器にしたい人にはぴったりです。

その網羅性から、問題量がとても多いです。
しかし、だからこそ最低3周はして、しっかり解法を暗記しなければなりません。
問題の量を解くことで、解ける問題は確実に増えていきます。
これをやりきれば数学が怖いものなしです!頑張りましょう!

Screenshot 2016-08-09 19.48.52
おすすめの勉強法は、青チャートに対応したチャートノートを使ったものです。
青チャートの例題・練習問題と解答スペースが設けてあります。
間違えた箇所がすぐに確認できるため復習がしやすく、解法の暗記が一層やりやすくなります。

赤チャート(センターの簡単な問題〜超難関入試問題レベル)

A1tq8fF7TTL

重複する問題が飛ばされていて、効率の良い進め方ができるようになっています。
他のチャートと比べると、応用問題がとても多いです。
理解が早く、一気に数学を得意科目にしたい人は赤チャートを使うとぴたりとはまるかもしれません。
赤チャートがしっくりくる人は、まずチャートを一通り終えましょう。
あとは発想力や思考力を鍛えるために、実戦的な参考書に移ると良いでしょう。

難関大志望だから、一番難しい赤チャートを使わなきゃ!と思った方もいるかしれません。
しかし、難関大学を目指しているからといって無理に赤チャートを使うことはありません。
青チャートでも十分に実力はつきます。

大切なのは相性を見極めることです。
この記事や周りの人の意見を参考にして、自分に合ったものを選択することが大切なのです。

まとめ

以上、数学チャート式参考書の色別特徴と使い方の例でした。
実際に使っている人も、これから何を使おうか迷っている人も、参考になったでしょうか。
TeachersMarket講師の体験談に、分析的に勉強するということが挙げられていました。
網羅的なチャート式問題集は、自分に適したものを選びましょう。
また、自分の苦手を分析しながら勉強することがおすすめです。
これを機に、自分にぴったりの勉強法を探してみましょう。

チャート式参考書についてはこちらから詳しく確認できます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です