Teachers Marketの家庭教師が勉強のノウハウを発信

復習復習…その前に!復習に最適なタイミングを知るべし!

「勉強したんだけどなあ。」

「全然思い出せないなあ。」

というそこのあなた。

安心してください、正常ですよ。

人間は忘れるようにできているんです。

いつまでたっても覚えている方が異常です。

記憶を忘却することを可視化して、グラフに表したものがあります。

それがヘルマン・エビングハウスの忘却曲線と呼ばれるものです。

どうです?強そうな名前でしょう。
それでは忘却曲線、紹介していきます。

忘れていくのが目に見えちゃう、忘却曲線!

905c6d74f52d6316e8a1969a95f09ce2_s

こちらがヘルマンくんの忘却曲線になります。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-15-17-03-37
画像参照:Objecet Fanatics

実験を行って、忘却に関するデータを取り、まとめたものです。
画像には、復習をした場合の補助線も引かれています。

人間の脳が「忘れていく」仕組みです。

20分後には42%を忘却、58%を保持

1時間後には56%を忘却、44%を保持

1日後には74%を忘却、26%を保持

1週間後には77%を忘却、23%を保持

1ヶ月後には79%を忘却、21%を保持

 上記のようになっているのが図から読み取れると思います。

単純な暗記では、1ヶ月後には8割忘れてしまっているということです。

これはどんな人にでも共通して言えることで、

暗記を始めとして、勉強には全て当てはまります。

記憶は覚えた直後にかなりわすれてしまう

残り物の記憶は長期間保持され、ゆっくりと忘れていく。

覚えた直後の復習は非常に大切です。

復習すべきポイント

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

復習するタイミングにもポイントがあります。
  1. 暗記した直後に復習
  2. 寝る前に復習
  3. 朝起きて復習(暗記した翌日の復習はマスト)
  4. 7〜10日後に復習
  5. 4〜6週間後に復習

以上が復習の周期の目安です。
だんだんと感覚が長くなっていくこことがポイントです。

また、用途によって勉強するタイミングも考えましょう。

その場のテストだけでいいのなら、直前でいいです。
受験など、長期戦かつ点数が必要な場合は復習は必要です。

重要ではないものに時間を割かないようにしましょう。

もったいないです、タイムイズマネーです。
さらに、直前に勉強せずに長期で復習を重ねることのメリットをもう一つ紹介します。

レミニセンス」というものがあり、
一定時間経った後の方が記憶したものを想起しやすい、と言う意味です。

詳しくは紹介しませんが、長期的に記憶するとこのような効果も期待できます。

また、睡眠はしっかりとりましょうね。
寝る前に、暗記するとなお良いですよ。

まとめ

0i9a351215032114onepoint_tp_v

今回はみなさんが誰しも体験済みの「忘却」について、
多少アカデミックに紹介しました。

みなさんにも、忘れていく仕組みを理解していただけたらと思います。
理解することで、攻略の糸口は見えてくることもあります。

効率的な学習を心がけていきましょうね!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください